遺品整理の仕分けのポイントとは

故人が生前に生きていた証が遺品です。

故人が生きていて生活用品として所有・使用していました。

死後、このされた物品全体が遺品と呼ばれます。

これらの物品は普通の品ではありません。

故人の思い・気持ち・心、家族の思い出がいっぱい詰まっています。

そのような用品を整理するのが遺品整理です。

葬儀が終わって親族・家族には悲しみの中にいます。

残された遺族側だけで遺品を整理するのは肉体的にも精神的にも負担が大きいです。

そこでプロの遺品整理業者のニーズが出てきました。

今回は【遺品整理の仕分けのポイント】についてまとめておきましょう。

◎遺品整理は大きく二つに分かれます。

一つは遺族にとって思い出がある物品全般を残す「形見分け」です。

もう一つは「処分する」ことです。

形見分けは故人が生前愛用していたものを残された遺族で分け合います。

貴金属・美術品・貴金属・預金通帳・手紙・箪笥預金は保管します。

これらの特別な物品以外の家具・食器棚・家電製品・粗大ゴミはゴミ処分場・ゴミ処理場に持参して廃棄することになります。

◎遺品仕分けを家族が行う場合:故人の思いが強いです。

気持ちの整理もつかないので、なかなか片付けが進まないでしょう。

また残された生活用品・物品全般の量が膨大なこともあります。

遺品整理に時間がかかるケースもあります。

本来ならば原則遺族がする作業ですが、とても大変です。

次のポイントを意識してください。

(1)遺族の生活で使えそうなものは残しましょう

(2)必要のない家具・家電・粗大ゴミ・食器棚は早めに処分しましょう

(3)世間一般の価値観よりも自分が大切だと思うものは残しておくほうがいいです

(4)思い出が詰まった物品は無理に処分することはしないで、数年かけて整理してもいいです。